産後にきび

産後にきびの原因と治し方※産後ニキビを改善する方法!

産後にきびの原因と治し方は?

 

出産後は大きく体が変化して、今までになかった「産後にきび」に悩まされることがあります。

 

 

産後にきびの原因と治し方※産後のニキビを改善する方法!

 

 

「出産する前はにきびができる肌じゃなかったのに・・・」

 

「肌質が変わって、化粧品が合わないのか治ってもまたすぐににきびが・・・」

 

 

などなど、産後のにきびで悩んでるママさんは少なくないと思います。そこで今回は、産後にきびの原因と【今すぐできる簡単な治し方】をご紹介したいと思います。

 

 

ちなみにこの【今すぐできる簡単な治し方】を強調したのには理由があります。

 

やはり、出産後は育児に追われて、過労や寝不足はつきものです。赤ちゃんは数時間おきに起きて泣きます。母乳やミルクによっても腹もちは違いますが、それは夜中でも変わりません。

 

 

「しっかり睡眠を取って産後にきびを治しましょう!」

 

 

こんなことは、育児に追われている産後のママさんに言っても実践できません。実際に、私も出産後はそうでしたから。なので、育児をしながらでも【今すぐ簡単にできる】産後にきびを改善する方法をご紹介したいと思います。

 

 

産後にきびの原因

 

まず、産後にきびがどうして出来るのかを把握することが大切です。原因がわかることで、適切な治し方がわかります。

 

 

1.「女性ホルモンの乱れ」

産後は、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが急激に減少し、ホルモンバランスが乱れることで、産後ニキビを起こす最大の原因になります。

 

 

2.「肌バリアの低下」

出産後のお母さんは、赤ちゃんの育児が大変で睡眠不足になったり、ストレスが溜まったりすると、外部の刺激から肌を守る「肌バリア」が弱まります。肌バリアが低下することで、今までになかった肌荒れやニキビを引き起こすようになります。

 

 

 

今すぐできる簡単に産後ニキビを改善する方法

 

産後は、ニキビなど様々な肌トラブルに見舞われますが、育児に追われる毎日を必死で頑張っているお母さんの生活習慣を改善するのはなかなか難しいと思います。

 

 

産後ニキビを治すと言っても、あれもこれもするのは大変です。簡単だけど、最も効果のある方法は、「今使っている化粧品を見直すこと」です。

 

 

産後ニキビの一番大きな原因はホルモンバランスが乱れていることです。そのホルモンバランスの乱れを、正常な状態に戻してくれる化粧品を使って、毎日のケアを見直すだけで改善する可能性があるのです。これなら育児で忙しくても簡単にできます。

 

 

産後にきびの原因と治し方のまとめ

 

産後の疲れ切った状況でスタートする育児ですが、どんなに疲れて寝不足でも自分の赤ちゃんのことを優先してしまうのが母親だと思います。

 

 

しかし、産後ニキビは放置しておくと数ヶ月続いた後に、ニキビ跡になったりして一生残る可能性もあります。育児をしていても「ホルモンバランスを正常に戻す化粧品」に変えることは簡単です。

 

 

まずは今使っている化粧品を見直すことから始めてはいかかでしょうか。

 

 

 

>>「ホルモンバランスを正常に戻す化粧品」はこちら

 

 

 

 

 

⇒トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加