産後ニキビ 皮膚科

皮膚科に行っても失敗しない【産後ニキビを治す方法】

皮膚科に行っても失敗しない!産後ニキビを治す方法とは?

 

前回は「産後ニキビは皮膚科で治らない!治療に失敗する原因とは!?」についてご説明しました。今回はそれらを踏まえて、「皮膚科に行っても失敗しない!産後ニキビを治す方法」をご紹介します。

 

 

産後ニキビで、皮膚科に行っても失敗しないパターン

 

私も産後ニキビで悩んでいて、最後の砦という必死の思いで皮膚科を受診したことがあります。それも一件だけでなく、数件の皮膚科を受診しました。どれも「***皮膚科」という名の病院です。

 

 

しかし、現在はニキビなどの肌荒れで悩んだ時は「美容皮膚科」の診療科がある皮膚科に行っています。

 

 

なぜなら「***皮膚科」という普通の皮膚科と違い、美容皮膚科は美容を前提として話を聞いてもらえ治療や処方をしてくれます。

 

 

同じ皮膚科でも、医師の皮膚に対する考え方が全く違うのです。

 

 

ある一般的な皮膚科で、産後ニキビのことについて聞くと、

 

「薬を処方しておくので、これをつけて様子を見てください。」

 

とのことでした。

 

 

その薬は、ニキビ治療でよく処方される薬です。ニキビ治療で皮膚科に行けば必ずもらえるものです。言われたとおり塗り続けましたが、案の定、全く産後ニキビは改善されませんでした。

 

 

産後ニキビをどうしても治したくて、友人が通っていた美容皮膚科に行くようになりました。

 

 

そこで先生がおっしゃっていたのは、

 

 

「産後のニキビは、ホルモンバランスが乱れているのが原因で、それをすぐに治すような薬はありません。まずはホルモンバランスを整えるために毎日のケアから変えていくべきです。産後は肌質が変わるので、今使っている化粧品が合っていないかもしれないので、まずはそこから見直すようにしましょう。」

 

 

ということでした。私の経験だけでも、これだけ美容皮膚科と皮膚科の先生では、考え方が違うということです。

 

 

まとめ

 

「ニキビは皮膚の病気だからまずは皮膚科に!」というようなCMもやっていますが、皮膚科に行ったからといって産後ニキビが治る可能性は低いと思います。

 

 

もしかしたら患者の悩みに親身になって聞いてくれて、アドバイスをしてもらえる皮膚科の先生もいるかもしれません。
しかし、それはほんの一握りの先生だけです。そんな皮膚科を探すだけでも、時間とお金と労力がかかるのでおススメしません。

 

 

何より、産後ニキビは薬を塗ってすぐに治るものではありません。結局は自分で日々のケアを見直すしかありません。産後ニキビは、「ホルモンバランスを整える化粧品」で、毎日のケアをするだけでも改善する可能性があります。

 

 

まずは自分自身で治してみるというところから始めてみませんか。

 

 

 

産後ニキビに効果的な「ホルモンバランスを整える化粧品」はこちら⇒

 

 

 

 

 

⇒トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加